九州の神社

宇美八幡宮(糸島市)

御祭神

御祭神ごさいじん上宮じょうぐう仲哀天皇ちゅうあいてんのう
中宮ちゅうぐう応神天皇おうじんてんのう神功皇后じんぐうこうごう玉依姫たまよりひめ瓊々杵尊ににぎのみこと気比大神けひのおおかみ天日鉾尊あめのひぼこのみこと)、菅原大神すがわらのおおかみ

由緒

長嶽山山上ながたけやまさんじょう上宮じょうぐう中宮ちゅうぐうからなる宇美八幡宮うみはちまんぐうは、古くは怡土郡いとぐん中津領なかつりょう十二ヶ村、明治維新めいじいしんの際には長野庄ながのそう長野ながの川村かわむら小蔵おぐら飯原いいばる)の総社そうじゃとされた古社こしゃです。

長嶽山ながたけやま南方に鎮座ちんざする上宮じょうぐうは、丸型山陵まるがたさんりょう(周囲45けん)頂上に石祠いしほこらとしてまつられています。うしとら(北東)の方向を向く上宮じょうぐう御祭神ごさいじんは、仲哀天皇ちゅうあいてんのうとされ、当社の縁起えんぎれば神功皇后じんぐうこうごう摂政せっしょう元年、神功皇后じんぐうこうごう香椎宮かしいのみや安置あんちしていた先帝せんてい御棺みひつぎ長嶽山ながたけやまおさめさせるよう大臣おとど武内宿禰たけうちのすくねめいじ、みやを築かせたのが起源と伝えられています。

その後、神功皇后じんぐうこうごうが朝鮮へ出兵した折、越前国えちぜんのくに気比神宮けひじんぐう(福井県敦賀市つるがし)の御祭神ごさいじんである気比大神けひのおおかみが船上に現れ、「われ新羅しらぎの神、清龍権現せいりゅうごんげんなりと皇后こうごう国土くにつちを守護せん」とむねを示します。無事に帰国した神功皇后じんぐうこうごうはその神恩しんおんに感謝し、長嶽山ながたけやま奉斎ほうさい祭礼さいれいもよおしたとされています。

中宮ちゅうぐうの起源は、仁徳天皇にんとくてんのう10年(322)武内宿禰たけうちのすくねの子である平群木菟宿禰へぐりのつくのすくねの子、武内宿禰たけうちのすくねの孫にあたる博公ひろきみ神官しんかんとし、この霊蹟れいせきに神社を建立こんりゅうし、気比大神けひのおおかみ天日鉾尊あめのひぼこのみこと)をまつらせたのが起源とされています。神護景雲じんごけいうん元年(767)には社務しゃむ武内公実たけうちのきみざねが【?宮司ぐうじ武内公実たけうちのきみざねが?】八幡宮はちまんぐう聖母宮しょうもぐう宝満宮ほうまんぐうの三社を勧請かんじょうします。

その後、八幡宮はちまんぐう威徳いとく霊験れいげんがあらたかとあつ崇敬すうけいを受け、社名も八幡宮はちまんぐうを称するようになり、応神天皇おうじんてんのう御降誕ごこうたんの地であるとの伝承から宇美八幡宮うみはちまんぐうと称されるようになります。また、当地は『和名類聚抄わみょうるいじゅしょう』に記された長野郷ながのごうであることから、長野八幡宮ながのはちまんぐうと記した古文書こもんじょも多数現存しています。奈良、平安の頃は大社たいしゃであり、2月初卯日はつうのひには、7日間の大祭たいさいが行われ神輿みこし3供奉行列ぐぶぎょうれつとともに鎮懐石八幡宮ちんかいせきはちまんぐう鎮座ちんざする深江ふかえ子負ヶ原海岸こふのはらかいがんに至り、筑前ちくぜん肥前国ひぜんのくにの大競技会が行われていたと伝えられています。

平群木菟宿禰へぐりのつくのすくね孫裔えいそん世々専せぜもっぱ祭祀さいしつかさどり、現在も代々神職しんしょくを「武内たけうちせいにて務めています。時には、社僧しゃそうとなり高野山こうやさん金剛峯寺こんごうぶじに属し、寺号じごう長嶽山ながたけやま瑞雲院ずいうんいん宝蔵坊ほうぞうぼうたたへ、僧位そうい権大僧都法印ごんだいそうずほういんとされました。特別に妻帯さいたいを許され、代々神宮寺じんぐうじ別当職べっとうしょくとなり、大用山だいようざん小蔵寺おぐらじ熊野権現社くまのごんげんしゃ以下14社を支配しました。

江戸期には、中津藩なかつはん藩史はんし出役しゅつやくして祭事さいじにあたり、風雨疫病ふううえきびょう祈願祭きがんさいなどがありました。社殿しゃでんの改修には中津藩なかつはん藩費はんひてられ、今の社殿しゃでん宝暦ほうれき9年(1759)3代藩主はんしゅ奥平おくだいら大膳大夫だいぜんだゆう昌邦まさくに奥平昌鹿おくだいらまさか)の建立こんりゅうによるものです。

現在の中宮ちゅうぐう御祭神ごさいじんは、神護景雲じんごけいうん元年(767)に勧請かんじょうされた応神天皇おうじんてんのう神功皇后じんぐうこうごう玉依姫たまよりひめ瓊々杵尊ににぎのみこと菅原大神すがわらのおおかみです。それに当初から上宮じょうぐう奉斎ほうさいされていた気比大神けひのおおかみです。上宮じょうぐうは本社と一体不離いったいふりの関係ながらも、別のやしろとされていたものを大正元年(1912)11月13日に本社の飛地境内とびちけいだいの神社として許可されました。中宮ちゅうぐう合祀ごうしされる瓊々杵尊ににぎのみことは、仁徳天皇にんとくてんのう10年(322)の創建そうけんと伝えられ、大字おおあざ川付かわつき大原おおはら鎮座ちんざしていた天降神社あまふりじんじゃを、明治44年(1911)5月26日に合併がっぺいしたものによります。

尚、気比大神けひのおおかみ天日鉾尊あめのひぼこのみこと同一神どういつしんと伝えられています。『釈日本記しゃくにほんぎ』に記された『風土記ふどき』の逸文いつぶんでは、熊襲討伐くまそとうばつ親征しんせいした仲哀天皇ちゅうあいてんのうを当地で迎えた縣主あがたぬし五十跡手いとでは、天日鉾尊あめのひぼこのみこと苗裔びょうえいであると記しています。

『風土記 逸文』 筑前国 (『釈日本記』巻十)』

筑前國風土記曰、怡土郡。昔者、穴戶豐浦宮御宇足仲彦天皇、將討球磨噌唹幸筑紫之時、怡土縣主等祖五十跡手、聞天皇幸、拔取五百枝賢木、立于舩舳艫、上枝挂八尺瓊、中枝挂白銅鏡、下枝挂十握剱、參迎穴門引嶋獻之。天皇勅問阿誰人。五十跡手奏曰、高麗國意呂山、自天降來日桙之苗裔、五十跡手是也。天皇、於斯譽五十跡手曰、恪乎、五十跡手之本土可謂恪勤國、今謂怡土郡訛也。


筑前の国の風土記に曰はく、怡土の郡。昔者、穴戸の豊浦の宮に御宇しめしし足仲彦の天皇、将に球磨噌唹を討たむとして筑紫に幸しし時、怡土の縣主等が祖、五十跡手、天皇幸しぬと聞きて、五百枝の賢木を抜取りて、船の舳艫に立て、上枝に八尺瓊を挂け、中枝に白銅鏡を挂けて、下枝に十握剱を挂けて、穴門の引嶋にへて獻りき。天皇、勅して、「阿誰人ぞ」と問ひたまへば。五十跡手奏ししく、「高麗の国の意呂山、天より降り来し日桙の苗裔、五十跡手是なり」とまをしき。天皇、ここに五十跡手ほ誉めて曰りたまひしく、「恪しきかも、五十跡手が本土は恪勤の国と謂ふべし」とのりたまひき。今、怡土の郡と謂ふは訛れるなり。

明治5年(1872)11月3日郷社ごうしゃに定められ、大正4年(1915)7月幣帛料へいはくりょう供進きょうしん神社じんじゃに指定。大正7年(1918)12月24日に県社けんしゃ昇格しょうかくしました。


上宮じょうぐう長嶽山ながたけやま古墳群こふんぐん)】

上宮(長嶽山古墳群)

仲哀天皇ちゅうあいてんのうの御陵としてまつられる上宮じょうぐうは、長嶽山ながたけやま古墳群こふんぐんの最も南に位置するおくいん古墳こふん長嶽山ながたけやま1号墳)で、5世紀半ばに築かれた前方後円墳ぜんぽうこうえんふんです。

長嶽山ながたけやま古墳群こふんぐんは、宇美八幡宮うみはちまんぐう本殿を中心として南北に伸びる長嶽山ながたけやまの上には総数14基を数える古墳群こふんぐんで、平成4年の測量調査によっておくいん古墳こふん長嶽山ながたけやま1号墳)は全長38mの前方後円墳ぜんぽうこうえんふんとされています。長嶽山ながたけやま古墳群こふんぐんは今から1400~1600年前に川付かわつき飯原いいばる長野地区ながのちく一帯を治めていた首長一族しゅちょういちぞく墓所ぼしょであったと考えられます。

古墳こふんの平面形は、帆立貝ほたてがいに似ているのが特徴で、墳丘ふんきゅうは2段に土が積み上げられ、その斜面に葺石ふきいしと呼ばれる河原石かわらいし貼石はりいしほどこされています。古墳群こふんぐんの東に広がる水田からは、多くの弥生時代やよいじだい古墳時代こふんじだいの遺跡が発見されており、長嶽山ながたけやま古墳群こふんぐん長野川ながのがわ流域の歴史・文化を研究するうえで貴重な文化遺産とされています。


境内社けいだいしゃなど】

参道さんどう階段前に末社まっしゃが並びます。明治44年、村内各地に鎮座ちんざしていたものを合祀ごうししたものです。

参道さんどう階段前、向かって左手。

宮地嶽神社みやじだけじんじゃ

  • 御祭神ごさいじん勝門姫命かちどひめのみこと阿部助盛命あべのすけもりのみこと
  • 合祀ごうし風神神社かざかみじんじゃ御祭神ごさいじん阿部高盛命あべのたかもりのみこと大山祇命おおやまつみのみこと)、両神神社りょうかみじんじゃ御祭神ごさいじん豊玉比古命とよたまひこのみこと豊玉比売命とよたまひめのみこと

猿田彦神社さるたひこじんじゃ

  • 宮地嶽神社みやじだけじんじゃの左に鎮座ちんざ。物事の初めの導きの神とされる猿田彦命さるたひこのみことまつっています。

参道さんどう階段前、向かって右手。

「金刀比羅神社」

  • 御祭神ごさいじん崇徳天皇すとくてんのう
  • 合祀ごうし生目神社いきめじんじゃ御祭神ごさいじん志那津比古命しなつひこのみこと志那津比売命しなつひめのみこと)、和多積神社わだつみじんじゃ御祭神ごさいじん彦火々出見尊ひこほほでみのみこと豊玉姫命とよたまひめのみこと

Photo・写真

  • 一之鳥居
  • 二之鳥居
  • 藤棚から三之鳥居
  • 藤棚から三之鳥居
  • 三之鳥居
  • 参道階段前
  • 金刀比羅神社・生目神社・和多積神社
  • 宮地嶽神社・猿田彦神社
  • 宮地嶽神社・風神神社・両神神社
  • 猿田彦神社
  • 拝殿
  • 社殿
  • 拝殿
  • 拝殿
  • 拝殿内
  • 本殿
  • 本殿
  • 御神木 ※平成31年(2019)台風17号にて倒壊
  • 上宮(長嶽山古墳群)
  • 上宮(長嶽山古墳群)
  • 上宮(長嶽山古墳群)
  • 上宮(長嶽山古墳群)
  • 上宮(長嶽山古墳群)
  • 上宮(長嶽山古墳群)

情報

住所〒819-1155
糸島市いとしまし川付かわつき785
創始そうし仁徳天皇にんとくてんのう10年(322)
社格しゃかく県社けんしゃ旧社格きゅうしゃかく
例祭れいさい5月2週日(春季大祭しゅんきたいさい、及び上宮祭じょうぐうさい)、7月2週日(夏季大祭かきたいさい)、10月2週土・日(秋季大祭しゅうきたいさい
神事しんじ 祈年祭きねんさい(1月1日)、寿齢祭じゅれいさい(4月29日・昭和の日)、末社祭まっしゃさい(9月2週日)
関連 福岡県:宇美八幡宮(宇美町)
福岡県:宇美八幡宮・奥宮(宇美町)

地図・マップ