九州の神社

大穴持神社(霧島市)

御祭神

主祭神しゅさいじん 大穴持命おおなむちのみこと大己貴命おおなむちのみこと)
相殿神あいどのがみ
左殿さでん
少彦名命すくなひこなのみこと
相殿神あいどのがみ
右殿うでん
大歳神おおとしのかみ霧島大神きりしまのおおかみ住吉大神すみよしのおおかみ

由緒

大穴持神社おおなむちじんじゃは、延長えんちょう5年(927)にまとめられた延喜式えんぎしき神明帳じんみょうちょうでは「大隅国おおすみのくに囎唹郡そおぐん大穴持神社おおなむちじんじゃ」と記された式内社しきないしゃです。

創建そうけん年月は不詳ふしょうですが、延暦えんりゃく16年(797)に編纂へんさんされた「続日本記しょくにほんぎ」の天平宝字てんぴょうほうじ8年(764)12月の記録に、

『続日本記・巻第廿五 天平宝字八年十二月』

是月、西方有声。似雷非雷。時当大隅薩摩両国之堺、煙雲晦冥、奔電去来。七日之後乃天晴於、麑嶋信爾村之海、沙石自聚、化成三嶋。炎気露見、有如冶鋳之為。形勢相連望似四阿之屋。為嶋被埋者、民家六十二区、口八十余人。


この月、西方にて声有り。雷の音に似たるも、雷に非ず。時に当り、大隅国と薩摩国との両国の堺、煙雲によりて晦冥し、雷、去来し奔る。七日の後に晴れるも、鹿児島の信爾村(現在の霧島市国分敷根近隣)の海、沙石が自ずと聚り、三嶋と化す成り。炎気は露に見え、冶鋳の為に有るが如し。形勢、相い連なる望めは四阿の屋に似たり。嶋の為、埋めらるる者、民家六十二区、口(人間)は八十人余り。

とあります。その後、宝亀ほうき9年12月(778)に、

『続日本記・巻第卅五 宝亀九年十二月甲申』

去神護中、大隅国海中有神造嶋。其名曰、大穴持神。至是為官社。


去る神護(765-770)の中、大隅国の海中に神の造りし嶋有り。其の名を曰く、大穴持神。是の為め、官社至る。

と記され、官社かんしゃあずかったことが記録されています。その当時は、宮世洲みやよせ神造島かみつくりしま)の上に社祠しゃしを建てられていたとされ、その後、島が崩れて海中に没したため、現在地に遷座せんざしたとされています。この宮世洲みやよせ神造島かみつくりしま)は、天降川あもりがわの沖左側に宮瀬みやせと呼ばれる瀬があり、そこ水没して現在のになったのではないかとされています。また、社地しゃちから西1.5kmに流れる天降川あもりがわの西沖の辺田小島へたこじま弁天島べんてんじま沖小島おきこじまがあり、その島々ではないかとも推測されています。

江戸初期に書かれたとされる「国分諸古記こくぶしょこき」によると、御祭神ごさいじん大己貴命おおなむちのみことはその昔、奥州おうしゅう津軽山つがるさん鎮座ちんざされていましたが、西国さいこく守護神しゅごしんが少ないことから勅命ちょくめいもって、西国さいこく鎮守ちんじゅとして下向げこうされたとされています。常陸国ひたちのくに橘氏たちばなし宮永氏みやながし四人の兄弟、岩元氏いわもとしの一族等一行は、25人で神輿みこしの前後を守護しゅごし、奥州おうしゅうみずわたり津軽山つがるさんよりくだって、日向ひゅうが串島くしじまにお着きになり、福山ふくやままで来ます。しかし、よい舟がなかったため、敷根しきねまで道を作っておいでになり、敷根しきねから舟で大隅国おおすみのくに福瀬ふくせわたりに着船。そこで福島村ふくしまむらにお仮屋かりやを作られ、その後、小村こむら(現在の広瀬地区ひろせちく)に本宮ほんぐうをお作りになったとされています。

天保てんぽう14年(1843)に薩摩藩さつまはん編纂へんさんした「三国名勝図會さんこくめいしょうずえ」では、

『三国名勝図會』

社は小村の海辺にあり。ご祭神は大己貴命、相殿左に少彦名命、右に大歳神三座なり。祭祀は、大祭 旧二月十三日(祈年祭)同、旧三月十三日(まむし除祓祭)同、七月吉日(神幸祭)同九月二十九日(例祭)。中祭、旧十一月初丑の日。延喜式内社で大隅国囎唹郡大穴持神社、此の社なり。初め社は宮洲にあり、ご神体は石像だったが現在は木像である。その宮洲は今の社地を距ること午の方八町許の海中に在り。

と残されています。

御祭神ごさいじん大穴持命おおなむちのみこと大己貴命おおなむちのみこと)は、名前を沢山お持ちの神ということで御神徳ごしんとくも豊富だと言われており、医薬・温泉・醸造・武運・開運招福・交通安全・病気除け・厄除け・縁結び・安産・家内安全の神として知られています。現在は、広瀬集落ひろせしゅうらく氏神うじがみとして、ことに古来より蝮除まむしよけの神としてのあつ崇敬すうけいされています。

神社由緒記ゆいしょきによれば、「此の小村こむら(現在の広瀬地区ひろせちく)には麻を植えることを禁ず。又まむしが生きられず、古来当社よりまむしを除く神符おまもりとお守砂まもりすなが出されているが奇験きけんあり。」とあります。蝮除祓まむしばつじょ神符おまもりには日文字ひもじ神代文字かみよもじ)が用いることから、蝮除まむしよけの信仰・風習の歴史をうかがい知ることができます。

また口伝くでんによると、大己貴命おおなむちのみことが農道を歩いている時、犢牛こうし(コッテ牛=雄牛)が突進してきたので麻畑にのがれられたところ、その麻畑にいたまむしに咬まれてしまいます。そのことから、大己貴命おおなむちのみことは、犢牛こうしと麻とまむしを嫌われるので、鎮座ちんざ地の広瀬ひろせ(旧小村こむら)では犢牛こうしを飼ったり麻を植えたりすると家が栄えないされ、昔からこの地域には馬は多数飼われていたものの、牛を飼う人は殆どいなかったと言われています。またこの集落を中心に、天降川あもりがわ検校川けんこうがわの間にはまむしが生息しないと云われています。

弘化こうか3年(1846)の造営ぞうえい本殿ほんでんは、流造ながれづくり間口まぐち三間さんげん三尺さんしゃく奥行おくゆき二間にけん四尺よんしゃくです。

末社まっしゃとして五社ごしゃまつられており、社殿しゃでんの向かって右手奥から、大日孁神おおひるめのかみまつ日天宮にちてんぐう大宜都比売神おおげつひめのかみ五穀ごこく主宰神しゅさいじんとしてまつ稲荷神社いなりじんじゃ。そして本殿ほんでんの後ろにイボの神を祀る石祠いしほこらの「いぼかんさぁ」が鎮座ちんざしています。社殿しゃでんの向かって左に、夜の食国おすくにを治める月読神つきよみのかみまつ月天宮つきてんぐう。農業・穀物守護の神で大年神おおとしがみ御子神みこがみである御年神みとしのかみまつ大田宮おおたぐう。漁業・航海守護の神である八重事代主神やえことしろぬしのかみまつ大王宮だいおうぐう鎮座ちんざしています。

境内けいだいの東側には忠魂碑ちゅうこんひが建てられています。元々は、明治39年(1906)に神社の150m西方に建立こんりゅうされ、昭和32年(1957)に現在地に遷座せんざしました。明治維新の際の戊辰戦争ぼしんせんそうから、大東亜戦争だいとうあせんそうまでの戦死者の名前と昭和20年(1945)の空襲で亡くなった人々の名前が刻まれています。国のためとうとい命をささげげた人々を称え、たましいしずめ、その御恩ごおんを忘れないために建てられたものです。

鹿児島かごしまの名の由来ゆらい

鹿児島かごしま」の名前の由来ゆらいは諸説ありますが、そのひとつに大穴持神社おおなむちじんじゃ創建譚そうけんたん由来ゆらいではないかとの説があります。

大穴持神社おおなむちじんじゃ創建そうけん由来ゆらいが記された最も古いものは、延暦えんりゃく16年(797)に編纂へんさんされた「続日本記しょくにほんぎ」の天平宝字てんぴょうほうじ8年(764)12月の記録です。続いて、同様に「続日本記しょくにほんぎ」にて宝亀ほうき9年12月(778)に大穴持神社おおなむちじんじゃ官社かんしゃとなったことが記されています。この二つの記録で記されているのは、火山活動の影響で三つの島、つまり神造島かみつくりしまができたということです。

ここで別途の資料があります。正和しょうわ2年(1313)に散逸さんざいしていた宇佐宮うさぐう縁起書えんぎしょ編纂へんさんした「宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう」です。その中で、神護景雲じんごけいうん2年(768)に次のように記されています。

『八幡宇佐宮御託宣集・大尾社部上』

称徳天皇五年。神護景雲弐年己酉託宣。大隅國海中造嶌、為幸行坐、舩願欲者。依神託、三月七日下太政官符偁。奉八幡大神艤舩者。四月四日奉舩幣帛使。従八位上中臣朝臣以守被奉幣之日神託宣。舩亦一艘不足奈利二艘可有者。使以守即言上之。而被左大臣宣、奉勅偁、依神教者。即以同年六月七日称冝辛嶌勝興曽女給従六位上。尓時彼大隅之海中造嶌。号之鹿兒島。


称徳天皇しょうとくてんのう五年。神護景雲じんごけいうん二年己酉つちのととり託宣たくせんしたまわく。大隅おおすみの国の海中に造る島に、幸行みゆきんといますに、船を願いふてへり。神託しんたくって、三月七日太政官符だじょうかんぷくだしてのたまわく。八幡大神はちまんおおかみ艤船ふなよそひたまわれてへり。四月四日に、船ならび幣帛使へいはくしたてまつる。従八位上じゅうはちいじょう中臣朝臣なかとみあそん以守もりちかへいたてまつらる日に、神託しんたくしたまわく。ふねまた一艘いっそうらざるなり。二艘にそうるべしてへり。使つかい以守もりちかすなわちこれを言上ごんじょうす。しかるに左大臣さだいじんせんこうむるに、勅をたてまつるにのたまわく、神のおしへにりてへり。すなわち同年六月七日をもって、禰宜ねぎ辛嶋勝与曽女からしまのすぐりよそめ従六位上じゅうろくいじょうたまふ。時に大隅おおすみの海中に、島を造りたまふ。これを鹿児島かごしまなづく。

続日本記しょくにほんぎ」の方が、「八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう」よりも歴史が古く、正史としての価値も高いのですが、「続日本記しょくにほんぎ」が編纂へんさんされる以前にどのような経緯で麑嶋かごしまという名称が生まれたのか。「続日本記しょくにほんぎ」からだと今一つよくわかりません。その空白を埋める資料なのかもしれないのが「八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう」です。つまり、火山活動で島ができて、大穴持神おおなむちのかみまつ官社かんしゃとなるまでの間に、宇佐宮うさぐうから「鹿児島かごしま」と名付けられ、「続日本記しょくにほんぎ」はそのことを前提として記録を残していた可能性があるのかもしれません。

ひとつ興味深いのは、なぜ「八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう」に大隅国おおすみのくにという遠方の地のことが、八幡大神はちまんおおかみ託宣たくせんで降りたのかということです。それを紐解くには納得できる背景があります。それには、大穴持神社おおなむちじんじゃの東北東3.4kmに鎮座ちんざしている韓国宇豆峯神社からくにうずみねじんじゃ由緒ゆいしょがヒントになります。

韓国宇豆峯神社からくにうずみねじんじゃは「延喜式神明帳えんぎしきじんみょうちょう」に大隅五座おおすみござのひとつとして記された「大隅国おおすみのくに贈於郡そおのこおり韓国宇豆峯神社からくにうずみねじんじゃ」です。朝廷は、隼人はやとが占めていた当地に対し、和銅わどう6年(713)に大隅国おおすみのくにを設置し支配を強めます。その翌年、豊前国ぶぜんのくにから隼人はやと教導きょうどうのため200戸の人々を移住させたことが「続日本記しょくにほんぎ和銅わどう7年(714)3月壬寅みずのえとら」に記されています。その移住した人々がまつったのが韓国宇豆峯神社からくにうずみねじんじゃとされています。また、「宇佐記うさき」によると、現在の宇佐宮うさぐう鎮座ちんざしている小椋山おぐらやまの地から大隅国おおすみのくに奉遷ほうせん鎮斎ちんさいされたと伝えられています。そのことから、大穴持神社おおなむちじんじゃの近隣は宇佐うさとの関わりが強い地域であったと考えてしかるべき場所であったと言って良いでしょう。それが「八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう」に記されている背景なのかもしれません。

時系列をまとめると、

年月内容出典
和銅わどう6年(713)4月大隅国おおすみのくにを設置。続日本記しょくにほんぎ
和銅わどう7年(714)3月豊前国ぶぜんのくにから隼人はやと教導きょうどうのため200戸の人々を移住。続日本記しょくにほんぎ
養老ようろう4年(720)2月大隈おおすみ日向国ひゅうがのくに隼人はやとの反乱が起きる。続日本記しょくにほんぎ
養老ようろう4年(720)9月放生会ほうじょうえを行うよう託宣たくせんが下りる。扶桑略記ふそうりゃくき
天平宝字てんぴょうほうじ8年(764)12月火山活動により麑嶋かごしま信爾村しきねむらに「神造島かみつくりしま」ができる。続日本記しょくにほんぎ
神護景雲じんごけいうん2年(768)火山活動でできた島を「鹿児島かごしま」と名付ける。八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう
宝亀ほうき9年(778)12月大穴持神おおなむちのかみまつ官社かんしゃとなる。続日本記しょくにほんぎ
延暦えんりゃく16年(797)続日本記しょくにほんぎ編纂へんさん
延長えんちょう5年(927)延喜式えんぎしき編纂へんさん
寛治かんじ8年(1094)扶桑略記ふそうりゃくき編纂へんさん
正和しょうわ2年(1313)八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう編纂へんさん

以上を踏まえた上で、検証すべき点。

  • 続日本記しょくにほんぎ」の「神造島かみつくりしま」は、「神造島かみつくりしま」という名称なのか、「かみつくりししま」という事象なのか。
  • 続日本記しょくにほんぎ」の「神造島かみつくりしま」と「八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう」の「鹿児島かごしま」は同じ島なのか。
  • 続日本記しょくにほんぎ」より時代を下った資料である「八幡はちまん宇佐宮うさぐう御託宣集ごたくせんしゅう」の信憑性。

この検証によって、「鹿児島かごしま」の名称の由来ゆらいが明示されることになるのかもしれません。詳しい論証は、これからの研究を待つことになるのでしょうが、「鹿児島かごしま」という名称の由来ゆらいを見る上で大穴持神社おおなむちじんじゃは、もっと注目されるべき存在なのかもしれません。

Photo・写真

境内入り口 社殿 社殿 日天宮 稲荷神社 いぼ神さぁ 社殿の向かって左 大田宮 大王宮 忠魂碑

情報

住所〒899-4321
霧島市きりしまし国分広瀬こくぶひろせ3-1089
創建そうけん不詳ふしょう [天平宝字てんぴょうほうじ8年(764)~宝亀ほうき9年(778)の期間]
社格しゃかく県社けんしゃ [旧社格きゅうしゃかく]
例祭れいさい9月29日
神事まむし除祓祭ばつじょさい(旧3月13日)、神幸祭しんこうさい六月灯ろくがつどう(7月下旬)
関連 鹿児島神宮(霧島市)
鹿児島神社(鹿児島市)
HP鹿児島県神社庁 / Wikipedia

地図・マップ